未分類

お彼岸の頃

 

朝晩が涼しくなってきました。

そろそろお彼岸の頃です。

そして自然界は沢山の実りを私たちにプレゼントしてくれます。

 

先日、柴栗を拾いに行ったところ

不思議な物体に遭遇しました。

 

まさに未知との遭遇

地球外生物(エイリアン)に出会ったような驚きです。

まだ出会ったことはありませんが。。。

 

お名前はたまご茸。

 

この写真はすでに傘が開いてますが、

傘が開く前は卵の殻から黄身がニョキニョキ生えてきて

まるで卵の中から黄身が生まれてくるような様子は

さすがに驚きです。

 

このキノコのことは知ってはいましたが

実物を見たのは初めてです。

少々興奮してしまいました。

 

このキノコ、食べられるらしいんですが

さすがに止めておきます(笑)

 

 

そしてお目当ての柴栗さん。

こちらも大興奮です。

 

今年は豊作です。

足下を見ながら一つ一つ拾って行くうちに

樹からボトボト落ちてきます。

用意した籠がどんどん重たくなってきます。

 

なかなか良い勘でした。

丁度、採り頃のベストタイミングです(@^▽^@)

 

そして勘が良いのは私だけではありませんでした。

足下をよく見ると

栗の実の皮をむいてきれいに食べた跡が沢山( ・_・;)

 

その様子から見て

イノシシか熊か鹿かお猿さん。。。

 

人間が栗の皮をむいて食べるのと同じ様子なので

恐らくお猿さんでしょう。

歯形までついています(^0^;)

 

私が嬉嬉として栗を拾ってる様子を

すぐ側で見ていたのかもしれません。

 

そこで我が家のセンテナリアン

紀州犬ももちゃん。

昔から犬猿の仲というくらいなので

お猿さんは犬がとても苦手だと聞きます。

 

本来、紀州犬は野生の狼の血が最も濃くて

マタギ(猟師)が狩りに連れて行く犬種です。

 

紀州犬だけでも、

大きなイノシシを仕留めてしまうくらい

果敢な犬種らしいんですが。。。

 

耳をマッサージしてもらって幸せそうにとろけている様子を見てると

とてもそんな勇敢な犬種とは思えません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です