丹田呼吸法(息心調和法)

丹田呼吸法は、

下腹にあると言われる氣の入る場所、丹田を活性化する呼吸法です。

 

深い呼吸をしていく内に横隔膜を柔らかく上下に動かし、

内臓諸器官のうっ血を解決し、氣血水の巡りを整えます。

 

丹田呼吸法は自律神経バランスに効果が高いとされ、

最近では脳内物質セロトニン(幸せホルモン)を活性化出来る事が

医療の研究の中でも解明され脚光を浴びつつある健康法です。

 

丹田呼吸法のレッスンの後は身体に芯が出来た感じがします。

 

レッスンを重ねるごとに丹田に氣が鎮まる感覚がわかるようになります。

やがて心も落ち着いて、安心感が増してくる感じがします。

 

 

呼吸法実修会 のご案内

 

 

5月のスケジュール

5月 12日 土曜日 16:00~18:00

 

6月のスケジュール

6月  7日 木曜日 10:00~12:00

6月 16日 土曜日 16:00~18:00

 

 

 

ご用意いただくもの

動きやすい服装(前ボタン等のないもの)、水分補給の為の飲料水、筆記用具

できるだけ呼吸法の前は軽い食事で2時間は空けてご参加ください。

お問い合わせフォームにてご予約をお願いします

 

 

 

dhyana

・・・ 気づく事は自由になることです ・・・

気づき(Awareness)の対象は、肉体、捉え方と感情、心理的投影・心理的形成、意識、自然の5種類あります。

どこに向かったとしても気づきは気づきです。
気づきが深まってくると、自然と感受性、受容力が高まります。

瞑想への入り口として、数息観・随息観を行っていきます。

そのためには呼吸が大切です。

まず、丹田呼吸により呼吸が整ってくることが必要です。