未分類

国見ヶ丘の雲海

 

最終日の朝

雲海を諦めきれない私たちは

早朝から起き出して窓の外を確認。

 

ん?

霧が出てる?

 

と言うことは標高1000Mの国見ヶ丘に上がれば

もしかしたら雲海が見られるかも。

 

居ても立っても居られません。

早々に支度をして一路国見ヶ丘へ。

 

近くまで行くと沢山車が降りて来ます。

どうやら霧は山頂まで掛かっていて私たちは雲海の中に居るようです。

周りは真っ白で何も見えません。

 

 

それでも本日は晴れの予報なので

太陽が出ると霧が下へと降りて一面の雲海が見られるかも。

 

1時間待ちましたが霧はなかなか晴れません。

 

やっぱり無理か。。。

 

とぼとぼと民宿に帰るとき、

地元のおじさまが朝ご飯を食べて8時頃出直してくると

たまたま小耳に挟んだ言葉が気になります。

 

でも、

今日は広島まで帰るし、

八大龍王水神社ともう一度天安河原に行きたかったので

諦めて民宿に帰って来ました。

 

朝食をいただきながら民宿のご主人に話すと

もしかしたら朝食後には

霧が晴れて雲海が見られるタイミングかもと言われます。

 

なるほど。

そこまで言われると行くしかありません。

最初に民宿のご主人が雲海は運開と同じ意味がある

と言われたことが気になります。

 

大急ぎで帰りの支度をして

幸運を祈るとばかりに優しく見送っていただき

霧が晴れ始めた道を国見ヶ丘に急ぎます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です