未分類

美しいお話

今朝、ヒーリングに来られた方から聞いたお話です。

 

ご主人がガスボンベを配達するお仕事をされていて

夏は暑さのせいかガスの消費が少なくて

早くお仕事が終わる時季のようです。

 

しかし、そのご主人の配達先は

今回の集中豪雨でかなりひどい被害が出てしまった地区。

道はまだまだ土砂災害を復旧しきれず、生活に支障が沢山出ています。

 

いつもの道が通れないので迂回したり渋滞に巻き込まれたりして、

目的地に着くまでにいつもの3倍以上の時間がかかるそうで

仕事から自宅に帰るのが夜中近くになるといいます。

 

ある時、渋滞で動けないでいた所におじいさんが近づいてきて

飲み物とお金を渡そうとしました。

 

彼は、

自分より大変な思いをしている人が沢山いるのに

これをいただくわけにはいかないと断ったそうです。

 

するとそのおじいさんは、

被災地に自分が手伝いに入ることが出来ないので

せめて、被災地域にガスを届けるために大渋滞に巻き込まれながらも

毎日懸命に仕事をしているあなたにこれを受け取って欲しい

とお願いされたそうです。

 

このお話を聞いた時、

何だか心が癒された感じがしました。

 

広島は予想以上に被害が広がっていて

未だ被災状況の全体像が見えていないそうです。

 

呉地区は断水が続き、

まだ警報がなっている地区もあると聞きます。

 

早く復旧が進み通常の生活に戻れることを

心から祈っています。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です