Blog/2009-09-05

Top / Blog / 2009-09-05

ベーシック前編参加者 Aさん



これまで、自分の中に聖なる存在がいることは居ると思っていましたが、

「常に助けてくれるはずはない」

どうにもならない時だけ、自分が苦しくって仕方が無い時だけお願いをして来ました。


今回セミナーを受けて、本当は自分が助けを拒否していたのでは
と気づきました。

これまで、自分の中に聖なる存在がいることは居ると思っていましたが、

「常に助けてくれるはずはない」

どうにもならない時だけ、自分が苦しくって仕方が無い時だけお願いをして来ました。

今回セミナーを受けて、本当は自分が助けを拒否していたのでは
と気づきました。


そこで、早速セミナーの帰り道に
本当に助けてくれているのか試してみました。


その①
セミナーの帰り道にレンタルビデオを借りに行こうか、どうしようかと迷っていたので、

「行ったほうがいいのなら救急車、行かないほうがいいのならパトカー」と願ってみたところ、1分もしないうちに目の前をパトカーが走りました。


「行くな」と言う事かと思い家に帰りましたが、
途中で大雨が降ってきて前が全然見えない状態になってしまいました。

このままレンタルビデオを借りに行っていたら、とても危険な状態だったと思います。

だから、「危険だから行くな」ということだったんだと思い感謝です。。




その②
いつもお世話になっている出入りの会社の方から、新たな委託の仕事を紹介されました。

でも、その委託の仕事を個人的に引き受けるにあたり、今行っている仕事との関連でトラブルが発生するかもしれないという不安がありました。

そこで、セミナーで教えてもらった裏技を試してみました。


「その仕事を個人的に請けてもOKならパトカー。その仕事を個人的に請けない方が良いなら救急車」と願ってみました。

その瞬間、目の前をパトカーが走りましたが、家に帰る途中もまだ迷っていたところ、

「これでもか!」とパトカーに先導され、「参った」と観念しました。

いつも、こうして助けてくれていると言う事がわかり、本当に感謝です。



コメント










認証コード(6225)