2019年度SKコース開催です。

 

2008年から毎年恒例のように開催して来たSKコース。

今年でなんと11年目になります。

 

去年のコースが終了するときからすでに

沢山の方からのお申し込みをいただいています。

 

それもほとんどリピーターの方ばかり(笑)

 

皆様からは

回を重ねる度に、段々と永年染みついてきた

考え方のクセや、思い込み、感情のしこり等が

まるで溶けるようにいつの間にか消えてしまったと聞きます。

 

トラウマや過去の辛い記憶までもが

受け入れられるようになりポジティブに生きられるようになったとか、

 

ストレスから来る体調不良も

段々平癒に近づいて来たりと、

恩寵も沢山体験されているようです。

 

それはまるで

人生を真摯に生きていくとにより

自然界から沢山のプレゼントを受け取れるかのようです。

 

今年も

第2土曜日17:00〜

第4木曜日10:00〜

準備コースからスタートいたします。

 

まだ若干空席がありますので

興味がある方はお問い合わせよりお申し込みください。

 

今年も参加される方の

心の解放が進みますように。

深い祈りを込めてSKコースをスタートいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンカルパ瞑想2019

 

あけましておめでとうございます。

今年も毎年恒例の氏神様に初詣に出かけ、

初日出を拝むことが出来ました。

 

今朝は、冷え込んだけど

空気の澄んだとても清らかな夜明けでした。

 

毎年恒例のサンカルパ瞑想のご案内です。

 

今年も、新年初のヨガの時に

深い祈りの時間として

サンカルパ瞑想をご一緒したいと思います。

 

丹田呼吸で呼吸を深め

陰ヨガで身体の隅々まで気を高め

瞑想で心を開き

素直な自然な自分に戻って

新たな1年をスタートしましょう

 

サンカルパ瞑想とは

インドの伝統的な瞑想で

ヨガの勉強などをスタートする時に

サンカルパ(自分の意図や願い)を確認して

意識を高め

それぞれのチャクラに落とし込み育てていく

タントラの伝統の中で伝わってきた瞑想法です

 

まるで蜘蛛の巣にからまったかのように

癖やパターンやがんじがらめの苦しみから抜けれないとき

この瞑想をすることにより

より早く解放に導かれると伝えられています

 

サンカルパ瞑想開催の日を

お知らせしますので

ご興味のある方は是非ご参加くださいね。

 

参加者が多いほど

場のエネルギーが高まり

サンカルパ瞑想の効果が高くなるようですので

出来るだけ沢山の方のご参加をお待ちしています。

 

もちろん

初めて参加される方も大歓迎です。

 

初めて参加される方は

お問い合わせからお申し込みください。

 

1/5土曜日10:00〜広瀬北町スタジオ朝ヨガ

1/9水曜日10:00〜広瀬北町スタジオ朝ヨガ

1/10木曜日18:30〜広瀬北町スタジオ夜ヨガ

1/23水曜日9:30〜廿日市朝ヨガ

 

とても感動的な

素晴らしい祈りの時間となります。

 

沢山のご参加をお待ちしています。

 

櫻井先生の丹田呼吸法

 

12月2日の日曜日、

毎年恒例の

櫻井先生の丹田呼吸法講習会を開催いたしました。

 

今回で8年目になります。

 

櫻井先生は今年で80歳になられたと言うことですが、

初めてお会いしてから約10年くらい経っても

まるで時間が止まったかのようです。

 

恐らく、

丹田呼吸法で練り込んだ氣の凄さだと思います。

 

毎回大好評をいただいていて、

欠かさず参加されている方も沢山おられるほど

櫻井先生のお人柄と丹田呼吸法の素晴らしさは

回数を重ねるほど深まって来ます。

 

今回も4時間の講習会をとてもわかりやすくお伝えくださり、

参加者の皆さんの集中力がどんどん高まりました。

 

更に呼吸が深まる様子を側で見させていただいて、

櫻井先生の凄さを間近で感じて身が引き締まる思いです。

 

調和道の丹田呼吸法に出会って約10年。

丹田呼吸法の奥の深さが段々と見えてきました。

 

100年以上大切に継承されてきた呼吸法です。

 

未熟な私たちですが、

これからも丹田呼吸法の素晴らしさをお伝え出来ればと思います。

 

 

幕開けの萌し

 

日々忙しくしていると

あっという間に時間が過ぎてしまいます。

気がつけば、高千穂行きから1ヶ月以上も経っていました(^0^;)

 

雲海(運開)の記事を書かねばと思いつつ

忙しさに翻弄されておりました(>o<)

 

高千穂の最終日、

早朝は霧に覆われて何も見えずガッカリ。。。

 

ショックを隠しきれない私たちに

宿のご主人が励ましてくれます。

 

太陽が出ると熱で霧が沈むのでそれから雲海が見れるかも。

 

諦めきれない私たちは、

またまた国見ヶ丘に車を走らせます。

 

しつこい性格で良かった(笑)

 

 

 

太陽を包み込み

まるで幕が開くように帯状の雲がたなびいています。

 

こんな雲を見ると、

人生が新たに開幕する予兆だと聞いたことがあります。

 

 

雲の下辺りに一部雲海が見えていました。

 

360度のパノラマですから

それはこの世のものとも思えないほどの美しさです。

大感動でした。

 

何年も前から高千穂へ行きたいと思っていましたが

やっと念願が叶いました。

 

今回は大満足の旅でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国見ヶ丘の雲海

 

最終日の朝

雲海を諦めきれない私たちは

早朝から起き出して窓の外を確認。

 

ん?

霧が出てる?

 

と言うことは標高1000Mの国見ヶ丘に上がれば

もしかしたら雲海が見られるかも。

 

居ても立っても居られません。

早々に支度をして一路国見ヶ丘へ。

 

近くまで行くと沢山車が降りて来ます。

どうやら霧は山頂まで掛かっていて私たちは雲海の中に居るようです。

周りは真っ白で何も見えません。

 

 

それでも本日は晴れの予報なので

太陽が出ると霧が下へと降りて一面の雲海が見られるかも。

 

1時間待ちましたが霧はなかなか晴れません。

 

やっぱり無理か。。。

 

とぼとぼと民宿に帰るとき、

地元のおじさまが朝ご飯を食べて8時頃出直してくると

たまたま小耳に挟んだ言葉が気になります。

 

でも、

今日は広島まで帰るし、

八大龍王水神社ともう一度天安河原に行きたかったので

諦めて民宿に帰って来ました。

 

朝食をいただきながら民宿のご主人に話すと

もしかしたら朝食後には

霧が晴れて雲海が見られるタイミングかもと言われます。

 

なるほど。

そこまで言われると行くしかありません。

最初に民宿のご主人が雲海は運開と同じ意味がある

と言われたことが気になります。

 

大急ぎで帰りの支度をして

幸運を祈るとばかりに優しく見送っていただき

霧が晴れ始めた道を国見ヶ丘に急ぎます。