syumilyさんに取材していただきました

画像の説明

女性向け趣味サイトSyumilyさん

当店のインタビュー記事が掲載されました。

ネットのサイトでご紹介いただくのは初めてでした。

 

様々な角度から質問をしていただいたので、

今まで文章にして来なかった想いを見直す機会となり

とても良かったと思います。

 

なぜ陰ヨガなのか?

なぜ丹田呼吸法なのか?

じっくり時間をかけて質問に向き合いながら

ヨガに出会った10代の頃を想い出しました。

 

今まで導いてくださった

インド伝統的ヨガの先生

陰ヨガの先生

ヒーリングの先生

丹田呼吸法の先生

沢山の素晴らしい先生からとても大切なものを教えていただきました。

 

ヨガは私の人生を大きく変えてくれました。

そしてこれからも

さらに学んで行きたいと思います。

 

https://syumily.com/articles/6183135807

https://syumily.com/s/9858835156

 

 

世界は祈りでひとつになる

画像の説明

素晴らしい映画を観ました。

2008年に公開されて

大きな反響を呼んだと言われる

「魂の教育」「不食の時代」に続き、人間の生き方の本質に迫る映画。

「祈り」〜サムシンググレートとの対話〜

画像の説明

筑波大学名誉教授の村上和雄氏が

遺伝子と人間の想念(祈りの力)のつながりを研究していく過程で

体験された出来事を通して

ドキュメンタリーとドラマで映像化された作品です。

画像の説明

村上教授が研究を続けていく中で、行き詰まったときに

必ず助けてくれる大いなる存在 〜サムシンググレート〜

人間の純粋な祈りのエネルギーが起こす様々な奇跡を

医学的なデーターを元に

わかりやすく説明されています。

白鳥監督の講演も有り

お話の中で想念の持っている力、人類の無限の可能性を感じ、

何だか勇気が湧いてきました。

この映画の最後に流れる主題歌を聴きながら、

この世に生を受けて今まで無事に生きて来れた事こそ

奇跡なんだと思うと胸がいっぱいになり、

涙があふれて止めることも出来ないほど感動しました。

自主上映で広がってきた映画のようですが

広島で上映されることがあったら

また観たいと思います。

玄米あられ

 

画像の説明

 

先日ついたお餅を乾燥させて

あられを作りました。

 

なにせ

つぶつぶが生きている玄米餅ですから(笑)

なかなか芯まで火が通りません。。。

 

根気よく時間をかけてじっくり焙煎。

香ばしい香りがしてきて

ようやく出来上がりました。

 

少々硬く噛み応えがバッチリですが(笑)

さすがピロール米です。

噛めば噛むほど滋味深く

甘みがお口の中にいっぱいに広がります。

 

昔はお正月に余ったお餅で

祖母がこんなおやつをよく作ってくれました。

 

祖母と過ごした日々を

懐かしく思い出しながら噛み締めています。

 

もう亡くなって18年くらい経ちますが

思い出すのは

こんな日常のささやかな思い出ばかりです。

 

玄米餅

 

画像の説明

 

大好物の玄米餅をつきました。

 

以前から、

ピロール農法の美味しい餅米があるのに

いつかはつきたいとずーっと気になりつつ

なかなか手が出せずにいました。

 

まず、餅つき器から購入しないと

何事も始まりません。

 

そんな話をヨガの生徒さんとしていたら

使っていない餅つき器があるからと

しばらくお借りすることに決定。

 

念ずれば花ひらく(笑)

 

引き寄せの法則(笑)

 

少々大げさに感動しながら

早速ついてみることに。

 

餅米の玄米を水に浸けること3日間。

 

しっかり水を含んで

柔らかくつける事を期待して

約30分の蒸らし。。。

 

香ばしくって良い香りがしてきます。

 

益々期待に胸が高鳴り

この辺りで既に完食したような満足感を味わい(笑)

 

おもむろにつきに突入。。。

 

画像の説明

 

しかし。。。

つけどもつけども玄米が硬すぎるのか

なかなかしっとりお餅にならず。。。。

 

我が家の知恵袋、

パートナーの知恵も導入し

ようやっと餅っぽく丸まるところまでつき

 

つぶつぶがもろに生きていますが(笑)

どうにか形に仕上げました。

 

しかし。。。

予想以上に苦戦してしまい

気がついたら当たりは真っ白の粉だらけ(笑)

 

でもお味は、

噛み応えがしっかりあって(笑)

なかなか深い味わいです。

 

次回は、もう少し工夫して

せめてあらがね餅に仕上げたいと思います。

 

こうご期待(笑)

 

弘法寺の御聖水

 

画像の説明

 

またまた朝日の写真ですが

弘法寺の続きです。

 

前回、弘法寺にお邪魔したときに

御聖水を戴いて帰りました。

 

まろやかでとても美味しい水なので

弘法寺に行くときは必ず戴いて帰ります。

 

聞くところによると、

ある治療師の夢枕に弘法さんが立たれ

癒しの不思議な力を授かったので

そのお礼にと

水の無かった弘法寺に井戸を掘られたそうです。

 

それまでは、

お世話をされている中切地区の方が交代で

野呂山の麓の村から水をくんで

毎日山道を持って上がっていたそうです。

 

しかし、掘っても掘っても

なかなか水が出なかったらしく、

 

当たりの地形から推測しても

大きな岩がごろごろしている場所なので、

きっと大きな岩にでもぶち当たったのかもしれません。

 

それでも

水が出るまで掘りきることを覚悟して掘り続け、

やっと水脈に当たり

掘ってきた深さを測ると

なんと88メートルだったとか。

 

四国の88カ所巡礼と同じ深さとは。。。

 

これは偶然では無いですよね。

 

弘法さんと言えば

四国巡礼と高野山が有名ですが、

広島市内からさほど遠くない野呂山に

こんな場所があるなんてビックリです。

 

素晴らしく氣の高い場所です。

 

道の雪が溶けて

氷池の氷が溶けて温かくなった頃に(笑)

またゆっくりと出掛けたいと思います。