ブログ

1.世界一風変わりなセラピスト☆ – るいるいのポレポレ日記 – 広島市中区のヨガスタジオ 陰ヨガ :Yoga studio LAKSHMI/ Yoga Life RAY

【世界一風変わりなセラピスト】

by Dr. Joe Vitale(ジョー・ヴィターレ)

www.mrfire.com

二年前に、ハワイに住む一人のセラピストの話を聞いた。

その人は触法精神障害者(訳注:刑法罰に問われたものの、

精神障害を理由に不起訴、減刑、あるいは無罪となった人のこと)

の病棟に収容されていた人たち全員を、

誰一人診察することなく癒したそうだ。

その心理学者は患者のカルテを読み、自分がどのようにしてその人の

病気を創りだしたのかを理解するために、自分の内側を見たのだそうだ。

彼が自分自身を改善するにつれて、患者も改善したという。

最初にこの話を聞いたとき、都市伝説だと思った。

自分自身を癒すことによって他の誰かを癒すなんて

ことがどうやってできるだろう?

最高の自己改善の達人であったとしても、

どうやって触法精神障害者を癒すことができるだろう?

私には理解できなかった。

論理的な話ではなかったので私は受け入れなかった。

しかし、一年後に同じ話をまた聞くことになった。

セラピストはホ・オポノポノというハワイの癒しの

プロセスを使ったのだという。

初めて聞くものだったが,忘れることができなかった。

もしその話が本当なら、私はもっと知らなければならなかった。

私は「完全な責任」とは、私の言動に対する責任は

私にあるという意味だと前々から理解していた。

その向こうのことは、自分の管理を離れていると。

ほとんどの人たちは完全な責任というものを

そのように考えているのではないかと思う。

私たちは自分の行いに対して責任があるのであって、

他の人の行いに対してではない。

精神病の人々を癒したハワイのセラピストは、

私に完全な責任についての進化した新しい観点を教えてくれることになった。

彼の名はイハレアカラ ヒュー レン 博士。

私たちは最初の電話でたぶん一時間は話しただろう。

彼にセラピストとしての仕事の全貌を語ってくれるようお願いした。

彼はハワイ州立病院で4年間働いたことを話してくれた。

触法精神障害者を収容していた病棟は危険なところで、

心理学者は月単位でやめていき、

職員はよく病欠の電話をかけてきて、やめていく人もいたそうだ。

人々がその病棟内を歩くときには、患者に攻撃されないように

背中をくっつけて通ったらしい。

それは生活するにも働くにも訪ねるにも心地よい場所ではなかった。

レン博士は一度も患者を診なかったのだそうだ。

彼は診療室を持って患者らのファイルに目を通すことには合意した。

それらのファイルを見ながら、彼は自分自身に働きかけた。

彼が自分自身に働きかけるにつれて、患者に癒しが起きはじめた。

「2、3月後には、以前は手足を縛られていた患者たちが、

自由に歩くことを許可されていました」と彼は言った。

「多量の投薬が必要だった人たちは、投薬をやめつつありました。

そして退院の見込みのなかった人たちが退院していったのです。」

私は畏敬の念に打たれた。

「それだけではありません」彼は続けた。

「職員が仕事に来ることを楽しみ始めたのです。

常習的欠勤や退職は消え去りました。

患者は退院していくし、職員全員が仕事に来るようになったので、

最後には必要以上の人数の職員が残りました。

現在、その病棟は閉鎖されています。」

ここで私は問わなければ気がすまなかった。

「それらの人々に変化をもたらすような何を、

あなたは自分自身の中で行っていたのですか?」

「私は彼らを創りだした自分の中の部分(パート)を

癒していただけです」と彼は言いました。

私には分からなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です