ブログ

書籍のご案内

 

画像の説明

 

自律神経を整える「長生き呼吸」 坂田 隆夫著

 

聖路加国際大学名誉理事長・公益社団法人調和道協会会長で、

現在104歳で元気にご活躍されている日野原重明先生は、

「長い呼息(いき)は長生きに通ず」とおっしゃっています。

 

これはまさに、ゆっくりと長く息を吐くことが、

長生きにつながるという意味です。

 

著者の坂田隆夫医師は

本書が、みなさんのよりよい「息方(生き方)」の選択の手助けとなり、

薬のみに頼らず、元気で「長生き」するのに役立つよう、心から願っています。

 

と冒頭の文章に書かれています

 

自律神経と呼吸の関係について

詳しく書かれているようです

 

面白そうです💗

 

そろそろ秋の気配がし始めた今日この頃

ゆっくりと読書でも….

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です