今こそ内側の聖堂に戻るとき

最近のコロナウィルスの影響か、

いつもの春より気分が塞ぎやすいですね。

しかし自然界は確実に春めいていて、

古の人はこの時季を

”龍天に昇るがごとく”とたとえました。

上昇する陽の氣に身体を開き、

身体の中の滞った氣をスムーズに流すために

新緑が芽生え始めた野山を散策するのがオススメです。

どんな時も自然界は私たちを癒してくれます。

生まれたての早朝の空気の清々しさ、

さえずりを懸命に練習しているウグイスのヒナ達、

まるで身体の中から聞こえてくるような小川のせせらぎ、

木の葉をすり抜ける爽やかな風、

都会の喧噪を離れて自然の中で過ごすひとときは

まるで深い瞑想をした時のようです。

陰ヨガも丹田呼吸法もトゥリヨガも

自分の内なる聖堂に戻るために練習してきました。

何が一番大切なのかを忘れないために

深い呼吸法とヨガはこんな時ほど力を発揮してくれます。

どんな時もご自分の内側の光へと

ただひたすら歩んで参りましょう。