井筒

先日、初めて本格的な能を鑑賞しました。

鎌倉時代から室町時代に完成されたと言われている

日本の舞台芸術で代表的な伝統芸能です。

今回の上演は”井筒”でした。

初めての能鑑賞なので内容が理解できるかなと思っていましたが

最初に説明があったので初めてでも楽しむことができました。

能はかなり動きが少なく、謡いと鼓と笛で表現され

独特な世界観なんですね。

主役(シテ)はお面をかぶって演じるので表情が見えませんが

だんだんとお面の内側から感情があふれ出したのか

表情が面に現れてきてドキッとします。

とても奥の深そうな、日本人の感性の鋭さを呼び覚ますような

何とも幽玄な世界観で素晴らしいひとときでした。

それにしても、ずっと舞台に見入っていると脳波が変わるのか

独特な眠りのような夢の世界のような異次元に誘われるようで

夢を見ているのか現実にいるのか

時々ふとわからなくなるような不思議な感覚でした。

能は演目が沢山あるそうなので

機会があったらまた是非鑑賞したいと思います。