丹田呼吸法

下腹にあると言われる氣の入る場所、丹田を活性化する呼吸法です。

 深い呼吸をしていく内に横隔膜を柔らかく上下に動かし、内臓諸のうっ血を解決し、氣血水の巡りを整えます。

丹田呼吸法は自律神経バランスに効果が高いとされ、最近では脳内物質セロトニン(幸せホルモン)を活性化出来る事が 医療の研究の中でも解明され脚光を浴びつつある健康法です。

忙しい現代人は普段の生活の中で呼吸に意識を向ける時間はほとんどありません。

無意識の呼吸を続けていく内に呼吸が浅くなり、吐く呼吸を忘れてしまいがちです。

吸う呼吸が過多になると自律神経の交感神経が働き過ぎてしまうため、少しのプレッシャーでも身体が過剰に反応して強いストレスになってしまいます。

それにより異常緊張、肩こりや頭痛、消化不良や不眠などの不快な症状は自律神経のアンバランスが原因といわれているようです。

丹田呼吸法は横隔膜を上下させる呼吸法のため、内臓の代謝が上がり身体が軽くなった感じがします。

丹田呼吸法は幸せホルモンといわれる脳内物質セロトニンを活性化するので心も落ち着いて安心感が増してくる感じがします。

丹田呼吸法のレッスンの後は身体に芯が出来た感じがします。

練習を重ねることにより丹田に氣が鎮まる感覚がわかるようになります。