陰ヨガ

陰ヨガは、筋肉を強く使うヨガを無理に行うことにより、深層筋を痛めたり、自律神経バランスを崩した時の調整のために作られました。

陰ヨガは一つのポーズを3分間から5分間リラックスしたポーズでホールドし、深層筋を開き気血水を巡らせることに重点を置きます。

やがて五臓六腑につながる経絡を開き、身体の不調が整いやすくなることが特徴です。

私自身が更年期の始まりの時期に陰ヨガに出会い、気持ちよく練習していたところ、 いつの間にか更年期の症状が緩和しとても楽になりました。

その体験から本格的に陰ヨガを学び ヨガのレッスンを陰ヨガに切り替えました。

最初に丹田呼吸法で呼吸を深め 準備ができてから陰ヨガに入ります。

効果の安定のために最後にリラックスのポーズを充分に取ります。

陰ヨガは一つのポーズを長くホールドするため、 ポーズを行なっているうちに呼吸が深まり瞑想状態に入りやすくなります。

よりリラックスできるヨガです。

初めてヨガをされる方にも無理なく気持ちよく体験いただけます。